So-net無料ブログ作成

大寒の日とはいつ?大寒の卵の縁起のいい食べ物の秘密とは? [暮らし]

Sponsord Link





一年で最も寒いとされる二十四節気大寒」。


二十四節気の第24番目

冬の季節の最後の節気で、

寒さが厳しくなり、

小寒から立春までの30日間を寒の内といい、

大寒はその真ん中にあたる1年中で最も寒い時期なのです。

 

寒い.gif 

 

 


大寒は、毎年1月20~21日頃ですが、

2014年は1月20日大寒となります。


この「大寒」の時期は、

武道では、寒稽古や耐寒のためのいろいろな行事が行われ、

古くからの邪念を払ったり、気を引き締める日で

水行をするなどで、邪気を払う日としても

重要な日になっています。


また、寒気を利用した食べ物

仕込む時期でもあります。


そのわけは、まずは「水」にあります。


小寒から節分の間の期間を寒の内といい

その期間に汲んだ水を寒の水というのですが、

大寒の時期の水は、最も寒いために

雑菌が少なく長期間の保存に向いている

水ということなんですね。


それで、お酒、味噌、醤油、高野豆腐などでの仕込みに使う

腐りにくく身体にも、非常に良いというです。


昔の人は、よく考えましたね。

 

そして、なんとこの大寒の日に食べると 

縁起のいいものがあるんです。


それは、「大寒の卵」です。


寒の内の1月5日~2月3日に生まれた卵のことをいうのですが


大寒の卵は、非常に縁起が良くて子供が食べると

病気にかかりにく丈夫な体になると言われていて

また、大寒の卵を食べると、幸運も金運もアップして

お金に困らなくなると言われています。


その起源は、この時期、寒さのために

鶏の産卵数が減るのですが、

その分、卵の栄養分が非常に豊富になるからです。


この時期、貴重な期間限定の卵の詳しくはこちら↓

 

また、中国では、大寒の卵は

生気に満ちあふれた縁起物」ともいわれ、

風水の世界では、

寒たまごを食べると金運が上昇する

といわれているからです。


だから、大寒の卵は、縁起のいい食べ物

になったといわれているのですね。


一年で最も寒いとされる大寒の日。


風邪などで体調を崩しやすい時期ですが

大寒の卵を食べて、栄養をつけて

幸運も金運も手に入れましょうか!(^^




Sponsord Link



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。