So-net無料ブログ作成

竹内択選手の難病「チャーグ・ストラウス症候群」衝撃の症状と生存率 [健康]

Sponsord Link





スキージャンプ竹内択選手の難病チャーグ・ストラウス症候群の症状と生存率

薬錠剤.jpg

ソチオリンピックの

ノルディックスキー・ジャンプ男子団体ラージヒル

銅メダルと獲得した竹内択選手が難病を告白しました。


投薬治療で顔には吹き出物ができて、

 

アスリートの筋肉は、みるみるうちに細くなっていたといいます。

 

そのような中で、銀メダルを獲得したというのですから 

驚きです。

 

その難病は「チャーグ・ストラウス症候群」。

 

「チャーグ・ストラウス症候群」とは、

どうゆう病気なのか見ていきましょう。

 

気管支喘息やアレルギー性鼻炎といった

アレルギー疾患に続いて起こること多く、

血液中の好酸球が異常に増えて多くなり

それに伴って発症する

全身性の壊死性血管炎になり、

アレルギー性肉芽腫性血管炎(allergic granulomatous angiitis: AGA)

とも呼ばれています。


120万人に1人の確率で発症する難病で、


原因は、現在の医学では、不明 です。


なんでそうなるのかわかっていないといいます。


症状は、

気管支喘息やアレルギー性鼻炎から3年以内に発症することが多く


血管炎症状としては、多発性単神経炎が必ず発症するとされてて

ほかにも、発熱や体重減少、手足のしびれ、消化管出血、関節痛など

さまざまな症状が起きます。


この難病は「チャーグ・ストラウス症候群」は、

1年間の新たな患者の数は約100名といわれ。

今現在この病気で医療機関に受診している患者の数

年間1800人程度といいます。


すごく症例が少ない病気のため

その病気の原因や解明が進んでいない

こともあるかとは思います。


そして、発症する年齢ですが

30~60才の年齢の人が多く発症していて

男性と女性では、

4:6

やや女性が多く発症するとのこと。


治療は、先ほどいいましたように

原因不明であるために

根本的な治療はなく

対処療法による治療になるという


そして、病気で亡くなってしまう指標となる

5年生存率は 62~78%


かなり高い数値である。


ただ、投薬治療とリハビリで治る事例があります


スキージャンプの銅メダリスト 竹内択選手も

一刻も早く体を休めていただき

病気が早く治ることを切に願ってやみません。


日本のヒーロー!!

病気に負けないで!

銅メダルをとって、病気ながら頑張ったのですから

かける言葉もなかなか見つかりませんが

そんな言葉しかでてきません。




Sponsord Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。