So-net無料ブログ作成

LH比とは?改善するには!?基準とコレステロールを下げる方法 [健康]

LH比とは?改善するには!?基準とコレステロールを下げる方法

 LH比とは.jpg

LH比とは、生活習慣病の予防に欠くことができない

血液中のコレステロールの

LDLコレステロールとHDLコレステロールの比のことです。


健康診断などで、検査した血液検査の結果を見て、

LDLコレステロールの数値を

HDLコレステロールの数値で割るとLH比を出すことができます。


LH比 = LDLコレステロール値 / HDLコレステロール値

一般的に、LDLコレステロールは悪玉コレステロール

HDLコレステロールは、善玉コレステロールと呼ばれています。


善玉コレステロールは、多くてもいいが、

悪玉コレステロールが多いとヤバイ!なんてこともいわれていましたが

最近の研究では、そうではなくなってきました


研究調査の結果から、

LDLコレステロール値が正常(140mg/dl未満)なのに、

心筋梗塞を発症した事例がとても多いことがわかったのです。

そして、LDLコレステロールの悪玉コレステロールと

HDLコレステロールの善玉コレステロールの

バランスが重要ということがわかってきたのです。

血液中のコレステロールは、

わたしたちの体になくてはならない重要な物質で、

体内のホルモンの元になったり、細胞を作ったりしています。

 

 

コレステロールをただ単に減らせばいいというわけではないのです。


きちんとした基準はまだなのですが、

病院や医療機関での研究調査などから、目安がわかっています。


そのLH比の目安は以下のとおりです。


LH比 2.0以下:他に病気がない場合


LH比 1.5以下:心筋梗塞や糖尿病、高血圧の人など


以上のLH比は、実際に、今では、病院で指導されたりします

LH比を超えた場合の対策としては、

食べ過ぎない

・コレステロールの多い食品は控える

・タバコはやめる

・有酸素運動をする(ジョギングや散歩など)

などである。

なかなか運動ができないという人もいますが、

普段の生活から上手に運動を摂りいれると効果的です。


例えば、

・できるだけ早歩きをする

・エレベータは使わず、階段を使う

・ひと前の駅やバス停で下りて、歩く

など

上手に考えて、体を動かすようにすることで

LH比を適切に保つことができます。


そうゆう意味では、

このような万歩計を付けていると

目安になり、数値がきちんと出るので

「今日はこれだけ歩いたから、

 明日はこれだけ歩こう!」

とか

また、これを記録することで、

挫折せずに、継続して運動を続けることができます。



ぜひLH比をLH比 2.0以下(他に病気がない場合)

LH比 1.5以下(心筋梗塞や糖尿病、高血圧の人など)を保つように

健康を維持しましょう!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。