So-net無料ブログ作成

インフルエンザの潜伏期間と感染期間、予防策について [健康]

Sponsord Link





インフルエンザの潜伏期間と感染期間、予防策についてお伝えします。


意外ですが、インフルエンザに感染しても、

発症しない方法があります。

 ウイルス.png


■インフルエンザの潜伏期間と感染期間


まず理解しなければいけないことは、

潜伏期間と感染期間についてですが、


一般的に、ウイルス感染症では


「病原ウイルスに感染してから、 発症するまでの期間」

潜伏期間”といいます。


 「他者にウイルスを感染させうる時期」

感染期間”といいます。


それを踏まえて、進めていきます。


インフルエンザの潜伏期間は、1~4日 で

平均2日 と一般的にいわれています。
 

その後、発症し、症状が現れてきます。


インフルエンザの感染期間は、

発熱1日前から、3日目をピークに、7日目までといわれています。


したがって、

本人がインフルエンザに感染している事に気がつかないで、

他人へインフルエンザを移してしまっている

感染源となっているということがほとんどなのです。


ですから、身近な家族や友人、周りの人が

インフルエンザに感染している場合は、

予防だけではなくて、

自分自身も感染源にならないように

注意することが重要です。

 

そこで、

インフルエンザの予防策を見ていきましょう。

 咳.png

 


■インフルエンザの感染予防策


インフルエンザは、感染力が非常に強いウイルスなので

感染しない・されないのが一番重要になります。


インフルエンザの感染予防策としては、

次のことをします。


・マスク

・手洗い

・うがい


マスクは、インフルエンザウイルスを含んでいる

咳・クシャミなどからの飛沫感染を防ぐことができます。


インフルエンザウイルスは、手や指を介して

鼻の粘膜などから侵入するので

その侵入経路を防御するのです。


また、マスク着用は予防だけでなく

インフルエンザに感染している人が

マスクを着用していることにより

他の人に移さないように

飛沫感染を防いで、

感染拡大を防止することもできます。

 

 咳.gif


手洗いは、石鹸を使って、

手指の間、爪の間を注意して

しっかり洗うようにします。


また、以下のようにすれば

インフルエンザに感染しても

発症を防いだり、感染しても、軽症で済むように

することができますので

心がけることも重要になります。


・食事・睡眠を規則正しくする

・十分な休養

・ワクチン接種


ワクチン接種をできれば望ましいですが

体力や免疫力をあげておくことが

有効といわれています。


また、インフルエンザが流行している時期には

できるだけ人混みをさけて

外出は控えることも考えましょう。


感染する可能性をできるだけ避け

また、感染しても軽症で済むようにしたいものです。




Sponsord Link



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

EllIlluri

Cialis 10 Mg Vademecum Coр“в»t De Priligy Ou Trouver Du Misoprostol <a href=http://avdrug.com>levitra medicament pas cher</a> Can I Purchase Levaquin
by EllIlluri (2019-04-15 19:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。